おじさんは、のんびり走ります

体重増加の抑止とストレス発散のため自転車に乗り始めました。
自転車は、10年前の自転車通勤程度・・・。
まあ、おじさんなのでノンビリと無理せず楽しんでいこうと思ってます。

今日は涼しかった(30度だったけど・・・)

30度で涼しいというのもなんですが、
空気がカラっとしていたので涼しい日でしたね。
日陰で体を冷却できるので本当に助かります。
今日は河沿いの道を走ってきました。
距離は75km


河沿いと言うだけあって、98%ぐらい平坦路
いくらレーゼロの転がりが良くてもペダルを止める暇はなし(笑)
行きは追い風、帰りは向かい風、最後の10kmは正面から向かい風・・・。
天気予報では風速4m、けっこうキツイ (*´Д`)


さてさてレーゼロがどんな感じだったかと言うと、
パワーロスが無くなった分、「回してるのに進まない」感がなくなり
精神衛生上は良い方向に作用しています。
ただし、トルクを掛ける場面が多くなるので、もも周りの筋肉には疲労が溜まります。


もちろんギヤを軽くしケイデンスを上げて走ることで
足(もも)への負担を減らすことも出来ます。
速度を維持する場面や軽い加速では、思いのほか快適に回せたのが意外でした。


それと、今日のコースにはアスファルトが広範囲にひび割れしている所があり、
振動についても確認できました。
まあ、振動の具合はパラダイムの時とそう変わらない感じでした。
手のひらにガッツリ体重が掛かっていなければ問題ないと思います。


「レーゼロは硬い」という言葉をよく見ますが、
個人的にはそこまで意識することはないのかなと思います。